業務の特徴

技術革新に伴う技術の高度化、複合化に鑑み、当事務所では、電気、電子、通信、情報、物理、機械、精密、物性、金属、化学、バイオ、ソフトウェアなど多彩な技術分野の弁理士、特許技術者が密に連携し合い、それによって広範な専門業務を総合的かつ専門的に提供できるようにしています。
その結果、現在、当事務所では、電気、制御、機械および化学を含めすべての技術分野にわたり、大手電気、機械、材料産業会社など多数の日本および外国の特許出願手続、アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国の航空宇宙、電機、コンピュータ、化学産業会社など多数の日本の特許出願手続、その他多数の中小企業の日本および外国の各主要な技術分野の特許出願手続、その他の審判、訴訟、鑑定、ライセンス業務の支援などの依頼を継続的に受けています。

当事務所はまた、知的財産権業務の中で、商標が特許、実用新案、意匠に劣らず重要であると認識しています。この認識のもとに、当事務所では、複数の商標専門の弁理士が集中的に商標事件を担当し、クライアントに満足いただけるよう商標事件についてより広範でより高品質の業務の提供に努めています。

当事務所は、過去40年以上にわたり外国実務の広い経験を重ねながら、国際感覚を育む努力を続けてまいりました。
国際業務能力を一層向上するために、当事務所の弁理士はアメリカおよびヨーロッパで外国実務のセミナーおよび研修コースに参加し、所員は語学の教育や研修に参加しています。
その結果、当事務所の特徴のひとつは、外国事件のウエイトが高いことです。当事務所の知的財産権業務のうち、外国事件が半分以上を占めています。

Copyright©2017 FUKAMI PATENT OFFICE, p.c. All Rights Reserved.