著作活動情報

講演会・セミナー・研修会の講師
開催年月日 講演会・講演テーマ・講師 主催者

2018年1月〜2月

 平成29年度実務修習にて(課程名)「特許及び実用新案に関する理論及び実務」(課目名)「審査対応・演習(機械)」をテーマに、電気情報第1部上席・弁理士 加治 隆文が講師を務めます。

日本弁理士会

2017年7月

25日

韓国のお客様にて
  「日本における知的財産制度の活用に向けて」をテーマに、弊所所長・弁理士 木原 美武が講師を務めました。

深見特許事務所

2017年7月

21日

第1部で「特許庁経験談」をテーマに弊所所長弁理士 木原 美武が、また第2部で「企業のあるべき知財MIX戦略」をテーマに弊所意匠部部長・弁理士 中西 輝と弊所商標法律部部長・弁理士 冨井 美希が特別講演を行いました。

一般社団法人日本知財協会
関西部会

2017年7月

20日

平成29年度第3回研修フェスティバル(大阪)にて「改訂商標審査基準について」をテーマに商標委員会を代表し、弊所商標法務部上席・弁理士 中島 由賀が講師を務めました。

日本弁理士会

2017年6月

27日

平成29年度第2回研修フェスティバル(名古屋)にて「改訂商標審査基準について」をテーマに商標委員会を代表し、弊所商標法務部上席・弁理士 中島 由賀が講師を務めました。

日本弁理士会

2017年6月

23日

「躍動の商標実務講座〜国内外の商標法等と商号〜」をテーマに、弊所弁理士 小野 正明が講師を務めました。

日本弁理士会
近畿支部(和歌山地区会)研修

2017年6月

13日

お客様にて
  「知的財産戦略の深化に向けて」をテーマに、弊所所長・弁理士 木原 美武が講師を務めました。

深見特許事務所

2017年5月23日
平成29年度第1回研修フェスティバル(東京)にて「判決の傾向と特許庁審査基準等との対比」をテーマに、弊所電気情報第3部部長・弁理士 中田 雅彦が講演会の講師を務めました。

日本弁理士会 研修所

2017年5月23日
平成29年度第1回研修フェスティバル(東京)にて「改訂商標審査基準について」をテーマに、弊所商標部上席・弁理士 中島 由賀が講演会の講師を務めました。

日本弁理士会 研修所

2017年5月17日
台湾大学法律学院(台北)にて開催されたセミナーで「日、韓、中における特許出願の進歩性判断基準に関する検討会」をテーマに、弊所化学バイオ部副部長・弁理士 長野 篤史が講師を務めました。

中華民国
全国工業総会

2017年3月10日
「インドネシア合同派遣団からの派遣報告」(商標制度編)をテーマに、弊所弁理士 小野 正明が講師を務めました。

日本弁理士会
研修所

2017年3月3日
「ASEAN知財(特許・意匠・商標)の最新情報〜インドネシア、マレーシア、ベトナム〜」(商標制度編)をテーマに、弊所弁理士 小野 正明が講師を務めました。

日本弁理士会
近畿支部(奈良地区)研修

2017年3月1日
「マレーシア知財(特許・意匠・商標)〜マレーシアの概況と知財の現状〜」(商標制度編)をテーマに、弊所弁理士 小野 正明が講師を務めました。

日本弁理士会
近畿支部研修

2017年2月21日
日本弁理士会の北海道支部研修にて、「審決取消判決からみた進歩性・記載要件判断に関する動向と該動向および改訂審査基準の対比検討」をテーマに、弊所電気情報第3部部長・弁理士 中田 雅彦が講演会の講師を務めました。

日本弁理士会

2017年2月16日
「躍動の商標実務講座〜国内外の商標法等と商号〜」をテーマに、弊所弁理士 小野 正明が講師を務めました。

日本弁理士会
近畿支部研修

2017年2月1日
お客様にて
  「近年におけるわが国の知的財産情勢について」をテーマに、弊所所長・弁理士 木原 美武が講師を務めました。

深見特許事務所

2017年1月〜2月
平成28年度実務修習にて(課程名)「特許及び実用新案に関する理論及び実務」(課目名)「審査対応・演習(機械)」をテーマに、電気情報第1部の弁理士 加治隆文が実務修習の講師を務めます。

日本弁理士会

2017年
「実務者養成講座ステップアップ編(商標調査・中間・マドプロ)」をテーマに、弊所弁理士 小野 正明が講師を務めました。

日本弁理士会 研修所

2016年12月15日
「最近の商標審判決における識別力・類似判断の傾向に照らした自他商標保護の図り方」をテーマに、商標部弁理士 齋藤恵が講師を務めました。

一般財団法人 経済産業調査会

2016年11月22日
「弁理士事務所職員講座 外国出願手続実務」(東京・第9回)をテーマに、商標部弁理士 齋藤恵が講師を務めました。

日本弁理士共同組合

2016年11月21日
 お客様にて
  「近年におけるわが国の知的財産情勢について」をテーマに、弊所所長・弁理士 木原 美武が講師を務めました。

深見特許事務所

2016年11月10日
お客様にて
  「発明課題と進歩性の判断との関係」をテーマに、電気情報第3部部長・弁理士 中田 雅彦が講演会講師を務めました。

深見特許事務所

2016年11月5日
パテントセミナー応用編「中国の知財制度(特許、実用新案、意匠及び商標)と現状のポイント」(商標制度編)をテーマに、弊所弁理士 小野 正明が講師を務めました。

深見特許事務所
近畿支部

2016年10月5日
お客様にて
  「近年におけるわが国の知的財産情勢について」をテーマに、弊所所長・弁理士 木原 美武が講師を務めました。

深見特許事務所

2016年8月5日
お客様にて
 「近年におけるわが国の知的財産情勢について」をテーマに、弊所所長・弁理士 木原 美武が講師を務めました。

深見特許事務所

2016年6月6日
「近年におけるわが国の知的財産情勢について」をテーマに、弊所所長・弁理士 木原 美武が講師を務めました。

和歌山県発明協会

     
2016年5月20日
平成28年度第1回研修フェスティバル(東京)にて「審決取消判決からみた進歩性に関する動向と、該動向及び改訂審査基準の比較検討」をテーマに、弊所電気情報第3部部長・弁理士 中田 雅彦が講演会の講師を務めました。

日本弁理士会 研修所

2016年5月17日
韓国IPGセミナー(ソウル)にて「均等侵害の第5要件(意識的除外)について考える」をテーマに、弊所化学バイオ部副部長・弁理士 長野 篤史がセミナーの講師を務めました。

韓国ジェトロソウル

2016年3月25日
「グローバル特許」をテーマに、弊所国際特許意匠部部長・弁理士 佐々木 眞人が特別講演会の講師を務めました。

神戸大学KTC機械クラブ

2016年3月16日
「進歩性判断の歴史と最近の動向」をテーマに、弊所副会長・弁理士 石井 正と、機械第1部副部長・弁理士 土谷 和之と、電気情報第2部・弁理士 梅ア 真紀子が講師を務めました。

経済産業調査会

2016年2月25日
「海外合同派遣団によるマレーシア及びシンガポールにおける特許・商標審査実務の現地調査報告」(マレーシア現地調査報告〜商標制度〜)」をテーマに、弊所弁理士 小野 正明が講師を務めました。

日本弁理士会
研修所

2016年2月14日
平成26年度実務修習(集合)「3.意匠に関する理論及び実演 出願手続・演習」をテーマに、機械第2部上席・弁理士 岡 始が講師を務めました。

日本弁理士会

2016年2月10日
「意匠登録出願における意匠意見の活用」をテーマに、弊所機械第2部副部長・弁理士 中西 輝と、機械第2部上席・弁理士 岡 始が講師を務めました。

経済産業調査会

2016年2月5日
「意匠活用セミナー -知的財産の戦略的活用のために-(福岡会場)」をテーマに、弊所機械第2部副部長・弁理士 中西 輝が講師を務めました。

日本弁理士会

2015年12月2日
「最近の商標審判決における識別力・類似判断の傾向に照らした自社商標保護の図り方」をテーマに、弊所商標法律部上席・弁理士 齋藤 恵が講師を務めました。

経済産業調査会

2015年11月28日
パテントセミナー応用編「中国・ASEAN諸国の知財制度と現状のポイント」(商標制度編)をテーマに、弊所弁理士 小野 正明が講師を務めました。

日本弁理士会
近畿支部

2015年11月18日
弁理士事務所職員講座-外国出願手続実務-第8回で「【商標 北米他】制度概要と出願実務」をテーマに弊所弁理士 齋藤 恵が講師を務めました。

日本弁理士会

2015年11月10日
お客様にて「プロダクト・バイ・プロセス・クレームについて」をテーマに弊所国際特許意匠部部長・弁理士 佐々木 眞人と国際特許意匠部上席・弁理士 高橋 智洋が講師を務めました。

深見特許事務所

2015年11月2日関西、2015年11月25日関東
「WW3 外国商標法 3.条約、協定、米国商標、欧州共同体商標(CTM)、マドリッドプロトコル制度」で弊所副所長・商標意匠法律グループリーダー・弁理士 竹内 耕三が講師を務めました。

日本知的財産協会

2015年10月28日
弊所を含む三事務所共催で、国際知財シンポジウムを開催いたしました。
本シンポジウム第二部パネルディスカッション、テーマ「プロダクト・バイ・プロセス・クレームに関する諸問題」で、弊所国際特許意匠部副部長・弁理士 十河 誠治が、大阪大学教授の茶園 成樹氏と第一法律事務所パートナー、弁護士・弁理士の鎌田 邦彦氏と共にパネリストを務め、弊所国際特許意匠部部長・弁理士 佐々木 眞人が第一法律事務所パートナー、弁護士・ニューヨーク州弁護士 山本 和人氏と共にモデレータを務めました。

DLA Piper LLP、弁護士法人第一法律事務所、深見特許事務所

2015年
10月3日、
10月17日、
10月31日、
11月14日、
12月6日
平成27年度侵害訴訟実務研修・演習(大阪特許)で、付記弁理士 伊藤 晃氏、西野卓嗣氏、弁理士・弁護士 藤野 睦子氏と共に、弊所弁理士 吉田 昌司が講師を務めました。

日本弁理士会

2015年9月14日
お客様にて「最近の商標法及び不正競争防止法における諸事情と企業における取組」をテーマに弊所副所長・商標意匠法律グループリーダー・弁理士 竹内 耕三が講師を務めました。

深見特許事務所

2015年8月26日
平成27年度第2回研修フェスティバル(大阪)で「米国・欧州・韓国の意匠出願実務のポイント」をテーマに意匠委員会を代表し、弁理士 野村 慎一氏と共に、弊所弁理士 中西 輝が講師を務めました。

日本弁理士会

2015年6月〜来年3月 3クールに分けて全20回

日本弁理士会

2015年6月24日、7月15日、8月26日午前
「WU1 米国特許制度 7科目中初めの4科目」で弊所弁理士 佐々木 眞人が講師を務めました。

日本知的財産協会

2015年

7月17日
日本食品・バイオ知的財産センター(JAFBIC)関西委員会にて「商標の「使用」と商標権侵害について考える−商標的使用、商品・サービスとの関係から−」をテーマに弊所弁理士 大野 義也が、「グローバルな特許の取得/活用に向けて−日本/外国における特許訴訟、Product by Process Claim、Grace Period−」をテーマに弊所弁理士 中村 敏夫が、講師を務めました。

日本食品・バイオ知的財産センター

2015年

7月10日
日本食品・バイオ知的財産センター(JAFBIC)商標実務研究部会にて「素材商標・完成品商標の使用をめぐる問題について」をテーマに弊所弁理士 齋藤 恵が講師を務めました。

日本食品・バイオ知的財産センター

2015年

6月26日
日本食品・バイオ知的財産センター(JAFBIC)海外商標実務研究部会にて「海外異議申立手続の概要と事例紹介」をテーマに弊所弁理士 齋藤 恵が講師を務めました。

日本食品・バイオ知的財産センター

2015年

3月26日
中国西安にて開催の講演会にて「日本の税関制度について」「日本における権利行使、応訴の対応策」をテーマに弊所常勤顧問 弁護士 杉本 智則が講師を務めました。

隆天國際知識産權代理有限公司

2015年
3月10日
 東京

2015年
3月12日
 大阪
「米国はアンチパテントへ向かうのか−米国と日本の新たな知的財産の動向とその行方を探る−」をテーマに開催のセミナーにおいて、

第2部−歴史的視点からみた米国特許政策のうねりと日本−と題して、弊所副会長 弁理士 石井 正が講師を務めました。

第3部−今後の動きを考える−では、第1部の講師を務めた(一社)日本国際知的財産保護協会副会長 弁理士 奥山 尚一氏と対談を行うと共に会場からの質疑応答に対応いたしました。

特定非営利活動法人 日本知的財産翻訳協会


後援:日本弁理士会

2015年

2月28日

日本弁理士会

2015年

1月30日
「米国特許実務セミナー」をテーマに弊所弁理士 佐々木 眞人がeラーニング講師を務めました。

日本弁理士会

2014年〜2016年
「商標実務者養成講座(初級)」をテーマに、弊所弁理士 小野 正明が講師を務めました。

日本弁理士会
研究所

2014年

12月8日
「ハーグ協定のジュネーブ改正協定に基づく意匠国際登録出願の実務」をテーマに弊所弁理士 中西 輝が講師を務めました。

日本弁理士会

2014年

12月4日
「商標出願と登録要件・中間手続」をテーマに弊所弁理士 向口 浩二が講師を務めました。

日本商標協会

2014年

11月28日
「進歩性判断の歴史と最近の動向」をテーマに、
第一部「発明の進歩性について−その歴史と全体像」
を弊所副会長・弁理士・石井 正が講師を務めました。
第二部「進歩性判決の事例研究」
を弊所弁理士 中田 雅彦、岡 始が講師を務めました。

経済産業調査会

2014年

11月11日
弊所を含む三事務所共催で、国際知財シンポジウムを開催いたしました。
本シンポジウム第一部講演で、
弊所弁理士 佐々木 眞人が司会・進行を務め、
第二部パネルディスカッション、テーマ「FRAND宣言と特許権行使」で、
弊所弁理士 十河 誠治が、大阪大学教授の茶園 成樹氏とDLA Piper LLPシニア・カウンセルのヘンリー幸田氏と共にパネリストを務めました。

DLA Piper LLP、
弁護士法人
第一法律事務所、
深見特許事務所

2014年

9月30日
「最近の商標審判決にみる類否判断の傾向に照らした商標保護の図り方」
をテーマに弊所弁理士 齋藤 恵が講師を務めました。

経済産業調査会

2014年

9月12日
「改正商標法成立・公布
新しいタイプの商標を保護する商標法改正の内容と実務的対策」
をテーマに弊所弁理士 竹内 耕三が講師を務めました。

経済産業調査会

2014年

4月24日
5月28日
お客様にて
「特許翻訳および外国出願時の留意点について(全2回)」
をテーマに弊所弁理士 石井 正、高橋 智洋が講師を務めました。

深見特許事務所

2014年

4月23日
7月2日
9月3日
お客様にて
「知的財産権勉強会(全3回)」
をテーマに弊所弁理士 中村 敏夫が講師を務めました。

深見特許事務所

2014年

4月21日
お客様にて
「特許のプロから見た「強い特許」、「いい特許」とは何か」
をテーマに弊所弁理士 土谷 和之が講師を務めました。

深見特許事務所

2014年

3月12日
知的財産研究会全10回
「改正米国特許法−米国特許実務への影響−」
弊所弁理士 十河 誠治が講師を務めました。

公益社団法人
大阪府工業協会・
大阪工業大学

2014年

2月4,5日

インドのムンバイ(3'rd - 4'th Feb '14)と
アフマダーバード(5'th - 6'th Feb '14)にて開催のセミナーで、
2月4日と2月5日に弊所弁理士 中村 敏夫が講師を務めました。


"Strategies for Managing Pharmaceutical, Biotechnology & Chemical Patent Portfolios for R & D Scientists and IP Professionals"


講演テーマ
Best-Practices to get robust Patent in Japan with focus on patent prosecution, patent fencing and patent portfolio management with recent court judgments in Japan.


参考URL
http://iiprd.com/Seminar_Feb_Pharmaceutical_2014.html

IIPRD
(INSTITUTE OF INTELLECTUAL PROPERTY RESEARCH & DEVELOPMENT)

2013年

12月4日
知的財産研究会全10回
「パテントマップの歴史と現代−特許情報から開発の動きを知る−」
弊所副会長・弁理士 石井 正が講師を務めました。

公益社団法人
大阪府工業協会・
大阪工業大学

2013年

11月22日

2013年11月22日ベルギー(Sint-Martens-Latem)で開催された
Yearly Seminarで弊所弁理士 中村 敏夫が講師を務めました。


Crucial Judicial Landmarks:
Recent Japanese Court Judgments on Patent Term Extension, Crystal Patents and Combination Drug Patents
(Toshio Nakamura, Associate, Fukami Patent Office, JP)

参考URL
http://www.dcp-ip.com/en/news-events/events/detail/yearly-seminar-on-november-22-2013

De Clercq & Partners

2013年

9月2日
2013年9月2日にロンドンで開催されましたセミナー
Japanese IP law and practice
で弊所弁理士 佐々木 眞人が講師を務めました。 

Masato Sasaki(Associate, Fukami Patent Office, P.C.) talked about Japanese Design Law.

CIPA(Chartered Institute of Patent Attorneys
:英国弁理士会)

2013年

10月18日
(大阪)
11月1日
(東京)
≪出版記念特別セミナー≫
外国特許実務を考慮した「クレームと明細書の作成について」
弊所副会長・弁理士 石井 正、
弁理士 中田 幸治、弁理士 高橋 智洋

弊所出版書籍
改訂増補 外国特許実務を考慮したクレームと明細書の作成
特許業務法人 深見特許事務所 編

経済産業調査会

2013年

10月11日
拒絶理由克服のための実務上のポイント
(商標)−意見書の実例に学びつつ−

1.拒絶理由の種類及び特許庁における審査傾向について(序論)
2.各拒絶理由の留意点及び対応策
弊所弁理士 齋藤 恵が講師を務めました。

経済産業調査会

2013年

4月9日
(大阪)
4月10日
(名古屋)
4月11日
(東京)

米国改正特許法セミナー
AIA全面施行後の特許出願戦略と訴訟戦略

第一部:
最終規則を踏まえたAIA下の特許取得手続における留意点他
弊所弁理士 佐々木 眞人、中田 幸治、十河 誠治、高橋 智洋が、Drinker Biddle & Reath LLP 米国特許弁護士 John G. Smith氏
と担当

第二部:
USPTOにおけるエストッペル、ディスカバリー
Kirkland & Ellis LLP 米国弁護士 Matthew Hertko 氏、
DLA Piper 米国弁護士 Matthew Satchwell 氏、
弁護士法人第一法律事務所 弁護士・弁理士 鎌田 邦彦 氏、
弁護士・NY州弁護士 山本 和人 氏、
弁護士 土田 泰弘 氏が担当


参考図書:
アメリカ改正特許法 
日米の弁護士・弁理士におる実務的解説 
Kirkland & Ellis LLP、深見特許事務所、第一法律事務所 編集 
出版社 一般社団法人 発明推進協会

一般社団法人
発明推進協会

2013年

6月20日
日本知財学会2013年度春季シンポジウム
「模倣と創造−イノベーションへの道」

【パネル討論II】「模倣の学術的研究」
弊所副会長・弁理士・大阪工業大学名誉教授 石井 正が
パネリストの一人を務めました。

日本知財学会

2013年

6月3日
Iprism知的財産人材育成シンポジウム
−次世代を担う知的財産人材育成のあり方−

第2部パネルディスカッション「米国改正特許法と日本の対応」
弊所弁理士・Iprism客員教授 佐々木 眞人が
パネリストの一人を務めました。

大阪大学
知的財産センター

2013年

3月5日〜7日
2013年3月5日〜7日にインド・ムンバイで開催された
以下の二つのセミナーで
弊所弁理士 中村 敏夫が講師を務めました。

Three Days Symposium for R&D Scientists & IP Professionals
from 5 - 7th March 2013 And Two Days Symposium For Business Development and Licensing Professionals from 5 - 6th March 2013

セミナー参考URL:http://www.iiprd.com/Seminars.html
2013年

1月25日
最近の進歩性判断について

第一部:発明の進歩性について−その歴史と全体像−
弊所副会長・弁理士・石井 正が講師を務めました。

第二部:裁判所による進歩性判断の動向についての事例研究
弊所弁理士 加藤 浩二、高橋 智洋が講師を務めました。

財団法人
経済産業調査会

Copyright©2017 FUKAMI PATENT OFFICE, p.c. All Rights Reserved.